青の花茶はすっきりフルーツ青汁で有名なファビウスから発売された、期待の新商品です。

まだ販売されてから時間が浅いですが、これから話題になる可能性を大いに感じさせる優れた商品である印象を持っています。

そんな青の花茶はダイエットティーですので、効果が実感できなくては意味がありません。

使い方によっては効果が現れやすかったり、効果がなかったりと個人差があるでしょう。

そこで今回は青の花茶の効果を実感するための、効果的な飲み方についてご紹介します。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

ファビウス期待の新商品!青の花茶とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶は冒頭でもご紹介した通り、ファビウスから発売された新商品です。

ファビウスといえば、著名人やモデルも愛用するすっきりフルーツ青汁で有名なブランドですが、そんな会社から発売される新商品とあって発売前から期待大した。

そんな期待の新商品である青の花茶ですが、一体どのような商品なのでしょうか?

青の花茶は何と言っても見た目が印象的な商品で、名前の通りにお茶となっているので、内容はお茶の抽出するティーパックになっています。

見た目のどこらへんが印象的かというと、上記の画像にもある通り青色のお茶です。

青色の見た目に美しいとかオシャレといった意見も多いですが、中には成分に対して危険を感じる方も多いはず。

安心してください。ファビウスはこれまで成分にこだわり安心安全をユーザーにお届けしていましたが、青の花茶でも例外はなく、成分から厳選されたハーブのみで構成されています。

そのためこのオリエンタルブルーのドリンク色は着色料ではなく、成分である天然ハーブから抽出された色ということになります。

引用:https://myfabius.jp/

またダイエットティーでもある青の花茶は、ファビウスのテーマである「すべての女性を美しく」にふさわしい、美容成分を豊富に含んだハーブティーでもあります。

青の花茶で得られる効果は大きく以下の3つです。

・高いリラックス効果

引用:https://www.pakutaso.com/20170109011post-9936.html

一つ目に上げるのは、リラックス効果です。

これはダイエットにも関係しているのですが、ストレスと肥満は意外と重要な関係性を持っています。

その理由に、ストレスを感じる際に分泌される成分があります。

この成分は脂肪を吸収しやすくする効果があるため、ストレスを受けている状態とは脂肪を体にため込もうとしている状態でもあります。

ダイエットは基本的に我慢をして減量をすることが多いですが、これはストレスがかかるため非効率だということが言えますね。

そんなストレス対策にもなるのが、この青の花茶です。

青の花茶にはストレス対策に効果的な天然ハーブである、甘茶蔓やラフマといった成分を含み効果的に精神の安定や興奮の抑制を促してくれます。

また睡眠前などでリラックスすることは、睡眠の質をあげることにも繋がるため、心身ともに優れた効果と言えるでしょう。

・眼病予防や生活習慣病の予防

引用:https://www.pakutaso.com/20170111011post-9940.html

現代社会はストレスを感じやすい社会で、人間関係などの悩みを抱えている方も多いでしょう。

そんなストレスに効果的な青の花茶ですが、嬉しい効能はそれだけに止まりません。

現代社会を生きる社会人にとって嬉しい効能の一つに、眼病予防があります。

最近ではインターネットも完全に普及し、スマートフォンといった電子デバイスを誰でも1つは持っている時代です。

そんな時代によって引き起こされているのが、目を酷使する日常生活です。

仕事でパソコンなどを使うデスクワークを行わなくても、日頃からスマートフォンなどの画面で目を酷使するため誰にでも当てはまる問題でしょう。

そんな目に効果的な天然ハーブ、メグスリノキを配合し、かすれ目や疲れ目を癒してくれます。

他にも生活習慣病予防を始めとする様々な効能があるので、ダイエットだけでなく健康に関しても優れた商品です。

・高い美容効果

引用:https://www.pakutaso.com/20150713194post-5748.html

最後にご紹介する効果が、ファビウスのテーマでもある、美容効果です。

美しくすると言うテーマは、ダイエットを成功させて体型からと言う理由以外にも、青の花茶は美容に効果的な天然ハーブを配合し、肌から美しくしてくれる意味を持っています。

そのハーブがバタフライピーですが、このハーブには高いアンチエイジング効果があるとされ、海外でも注目のハーブです。

さらに見た目のオリエンタルブルーはこのバタフライピーが素となっており、見た目も効果も嬉しい成分ですね。

甘茶蔓にも肌の酸化を防ぐ効果があるため、美容効果も忘れられない効能の一つと言えるでしょう。

ダイエットに効果的!オススメの飲み方とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

ここまで青の花茶の商品説明をしましたが、青の花茶の効果を最大限に活かすにはどのような飲み方が有効なのでしょうか?

個人的にも効果が期待できそうな、タイミング、作り方など様々な飲み方についてご紹介します。

・飲むタイミングは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

飲むタイミングについて制限のない青の花茶ですが、効果的な飲むタイミングとしてオススメなのが、小腹が空いた時です。

これは青の花茶の甜茶という成分に目をつけてなのですが、甜茶には消化酵素の働きを阻害する働きがある甘み成分を持っています。

この甘さはなんと砂糖の約100倍近くと驚きの数字です。

ですので、青の花茶は天然ハーブのみでありながらほのかな甘みがして、甘党にも嬉しい飲料となっています。

この甘さを使えば、ダイエット時に控えなくてはならないお菓子等も、青の花茶で充分補えるでしょう。

また甘いものが食べたい食欲を我慢する際に生まれるストレスも緩和できるので、ストレスを溜めないダイエット習慣としてもオススメです。

・効果的な飲み方は?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶は、クエン酸に反応して紫色になるとても不思議な飲み物です。

これはバタフライピーによるものですが、本場タイではバタフライピーに砂糖とレモン果汁を加えて飲むのがポピュラーとされているようです。

ではダイエット面で効果的な飲み方は一体どのようなものでしょうか?

オススメとしては、レンジで温めた生姜を加えて飲む、ジンジャーティーです。

生姜には皆さんご存知の通り、代謝を高める効果があります。

その生姜のすりおろしに少量の水を加えてレンジで温めたものを加えれば、青の花茶の効能に高い代謝の向上効果が見込めるためオススメです。

また置き換えダイエットなどの際には、豆乳を混ぜてあげて腹持ちをよくする工夫もオススメです。

まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/20150100009post-5032.html

青の花茶の効果的な飲み方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

リラックスタイムにピッタリな青の花茶ですが、使い方次第では大幅なダイエットも無理ではないでしょう。

しかし健康的に痩せるタイプの商品ですので、一時的な頑張りより継続性がとても大切と言えます。

青の花茶でストレスフリーなダイエットライフを初めてみてはいかがでしょうか?