青の花茶はダイエット食品で有名はファビウスの期待の新商品です。

ダイエット効果だけでなく、高い美容効果と見た目のオシャレさがあって、発売してまだまもない商品ですが、話題になりつつある注目の商品です。

そんな青の花茶ですが、見た目の青さから体に対して不具合がないのか気になるところ。

そこで今回は青の花茶の副作用についてご紹介いたします。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶は危険?副作用について

引用:https://www.pakutaso.com/20161019295post-9318.html

青の花茶は高い健康効果や美容効果を備えた、女性に嬉しいダイエットティーです。

更に効果だけでなく、青色の見た目のオシャレさとスッキリして飲みやすいところから、発売し手間もない商品でありながら、リピーターを獲得しつつある話題の商品でもあります。

そんな青の花茶は見た目の青さもあって、副作用といった危険があるのか気になるところ。

では青の花茶にはどのような副作用があるのでしょうか?

ここでは青の花茶の副作用についてご紹介します。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

副作用についてメーカーサイトには、次のように表記されております。

Q.副作用はない?

A.健康食品は卵や牛乳などの食品と同じように、まれにお体に合わない場合があり、体質や体調によっては、かゆみや発疹、胃腸の不快感などが生じることがございます。その場合はかかりつけの医師にご相談ください。

これはとても分かりにくく、あるかもしれないと言える文面ですね。

確かにアレルギーといった概念もあると思うので、必ずしも安全とは言えないところからこのような文面になるのでしょうが、それにしてもどんな人が注意が必要なのか気になります。

更に漢方薬と同じで、青の花茶はハーブティーとなるので、体の中でどのように働いてどんな効果を発揮しているのかも気になるところです。

では成分レベルで青の花茶にはどのような副作用があるのか見ていきましょう。

青の花茶には副作用のある成分が含まれている?

引用:https://www.pakutaso.com/20170423111post-11196.html

では青の花茶の成分についてですが、一体どのような副作用をもたらす成分が含まれているのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

・バタフライピー

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

こちらのバタフライピーは、青の花茶のインパクトのあるオリエンタルブルーの素となる主要成分です。

美容大国のタイでは古くから美容に効果を発揮するとして用いられてきた、美容効果が期待できる安心のハーブと言えるでしょう。

特にポリフェノールの一種であるアントシアニンは、なんとブルーベリーの約4.2倍と豊富に含まれています。

その高い美容効果とアンチエイジング効果は海外セレブからも注目される、話題のハーブです。

そんなバタフライピーの副作用ですが、基本的には存在しません。

しかし妊娠中や生理中には注意が必要で、バタフライピーには子宮の収縮を促す作用があるため、タイでは注意書きがあるほどです。

ですので、妊娠中には医師に相談しながら使用には注意した方がいいと言えるでしょう。

・甜茶

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

甜茶には砂糖の約100倍の甘み成分を持つとして、ダイエット成分としてはとても嬉しい成分を豊富に含んでいます。

青の花茶のほのかな甘さはこの甜茶からくる所が大きいですが、その甘さには消化酵素の働きを妨げ脂肪にならないことから、置き換えダイエットなどにとても役に立ちます。

甘いものを取りながら、太らず痩せることができるなんて、ダイエットの理想でしょう。

そんな甜茶はアレルギー対策としても有名ですので、以外にもしっている人が多いかもしれません。

そのほか、高い健康効果など様々な体に嬉しい効能があり、優秀な成分と言えますね。

本題である副作用についてですが、この甜茶も特に副作用については心配いらないでしょう。

・甘茶蔓

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

甘茶蔓には青の花茶の最大の効果でもある、リラックス効果に力を発揮する有効な成分です。

高いリラックス効果や疲労回復効果があるとされるサポニンを豊富に含み、その量は高麗人参以上とされています。

他にもガンや動脈硬化の予防などの様々な健康効果を持ち、その健康効果の高さから現在注目されているハーブの一つです。

そんな甘茶蔓は名前に甘いとついている通りに、飲み味の甘さも特徴で、青の花茶の甘さの一部とも言えるでしょう。

本題の副作用ですが、甘茶蔓には妊婦や糖尿病患者において危険が伴う場合があるとして、注意が必要とされています。

また個人差もあり一概には言えませんが、中にはアレルギーや体に合わない場合もあるので、使用に関して不具合がある際は使用を中止した方がいいでしょう。

しかし基本的に甘茶蔓についても副作用のない、安全なハーブとなっているので、過度の心配はいらないでしょう。

・メグスリノキ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

メグスリノキは日本にのみ生息する樹木のハーブで、名前から伺える通り目に効果的なハーブとなっています。

青の花茶の目に対する効能はこのメグスリノキから引き出された効能と言えます。

また目と肝臓は深い関係性があるとされ、解毒作用により二日酔いにも効果的です。

他にもカテキンを含み様々な健康効果もある、日本で古くから飲用され用いられてきた安心のハーブといえるでしょう。

そんなメグスリノキの副作用は、基本的に存在しません。

カテキンについては、食後や食中の過剰摂取は鉄分不足に陥る場合がありますが、青の花茶は渋みを抑えるためタンニン(カテキン)が出にくい製法で作られている上、カテキンの効能も効能に押されていないため、そこまで心配はいらないでしょう。

・ラフマ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

こちらのラフマというハーブには、高いリラックス効果があるとされ、鬱にも効果的なとても優秀なハーブです。

高いリラックス効果はこのラフマと甘茶蔓から引き出されているのですね。

他にもコレステロールの低下など様々な効果が期待でき、体にも心にもとても嬉しい成分と言えるでしょう。

そんなラフマの副作用は基本的にないと言えます。

一部体質によっては下痢などといった不具合が確認されているので、体に相談しながら使う必要はありそうです。

しかし体質の違いによる所もあり、中国では古くより活用されている健康成分でもあるので、これに関しても過度に心配する必要はないと思います。

まとめ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶の副作用について、成分レベルで調べていきましたが、全て大きな副作用があるような危険な成分はなく基本的には問題ない安全な商品と言えるでしょう。

中には体質や妊娠中などといった体の状態によって注意する必要がありますが、体と相談して様子を見ながら使用すれば問題はなさそうです。

妊娠中などは正直控えた方が無難と言えますが、使用の際は医師に相談しましょう。

そんなダイエットに効果的でオシャレな青の花茶で、心身ともにスッキリ、リフレッシュして見てはいかがでしょうか?